雑誌などのメディアで話題の美容液モイストリフトプリュスセラム。

私も実際に使ってみたのですが、塗ったとたんに肌がキュッと引き締まる感じがします。
何より、使い始めて2週間でほうれい線に変化が現われたんです!

モイストリフトプリュスセラムを販売しているドクターソワ公式サイトによると、リフトアップ効果の秘密は、DMAE(ジメチルアミノエタノール)と呼ばれる成分にあるとのこと。

たった2週間でほうれい線に変化が現われる成分って、どんな成分なのか気になりますよね?

 

そこで、好奇心旺盛な私が、モイストリフトプリュスセラムのDMAEがほうれい線解消に効く理由を詳しく調べてみました!
その調査結果を詳しくレポートしたいと思います。

 

記事の最後では、私がモイストリフトプリュスセラムを使用する前と2週間使用したあとの写真も載せています。

モイストリフトプリュスセラムでほうれい線がどう変わったのか、目で見て確かめて下さいね!

【モイストリフトプリュスセラムに配合】DMAEでなぜほうれい線が解消されるの?

モイストリフトプリュスセラムに配合されているDMAEは、なぜほうれい線解消に効果があるのでしょうか?

まずは年齢と共にほうれい線が目立ちやすくなる理由と、DMAEの働きとの関連を詳しく解説します。

ほうれい線の原因はなに?なぜ年を取ると目立ちやすくなるの?

鼻の脇から口元にかけてのびているほうれい線。
ほうれい線はしわの1種と思われがちですが、実は鼻と頬との境界線であり、誰にでも元からあるものです。

では、なぜ若い頃には浅く目立たなかったほうれい線が、年を重ねると深くなってしまうのでしょうか?

その答えは、頬のたるみによるものです。

年齢を重ねると頬がたるみがちになります。頬の部分の肉が下方向に垂れてくると、その分ほうれい線が深くなり目立ちやすくなってしまいます。

つまりほうれい線を目立ちにくくするためには、頬のたるみを解消するのが先決ということなんですね。

頬がたるむ原因は、主に3つあります。

  1. 線維芽細胞の減少によるコラーゲン不足
  2. 表情筋の衰え
  3. 皮下組織の衰えや皮下脂肪の肥大化

モイストリフトプリュスセラムのDMAEは、3つの原因のうちの2番目、「表情筋の衰え」に対して働きかける成分なんです。

化粧品の美容成分が筋肉の衰えに働きかけるなんて、何だかすごく画期的な感じがしますよね!

これも医学的研究の成果の賜物でしょうか?DMAEがどんな風に衰えた表情筋を引き締めるのか、詳しく解説しますね!

DMAEはアセチルコリンを増やして衰えた表情筋を引き締める!

ドクターソワの公式サイトによると、DMAEは神経伝達物質のアセチルコリンと同じ働きをする成分だそうです。

アセチルコリンは、運動神経の刺激を筋肉に伝える役目を持った物質です。
アセチルコリンが筋肉に刺激を伝えると、筋肉は収縮します。
筋肉の動きを司るために欠かせない物質ですね。

ところが、このアセチルコリンは加齢や喫煙によって減少します。
アセチルコリンが減少すると、筋肉が衰えてたるみの原因になってしまうのです。

アセチルコリンと同じ働きをするDMAEが肌に浸透すると、表情筋が収縮して皮膚のたるみを引き締めます。

モイストリフトプリュスセラムをつけるとほうれい線が浅くなったように見えるのは、DMAEが筋肉を収縮させてたるんだ肌を引き締めているからだったんですね!

【モイストリフトプリュスセラム】ほかにも肌にハリとうるおいをもたらす成分が!

モイストリフトプリュスセラムには、DMAE以外にもさまざまな美容成分が配合されています。
その中でも、たるみ解消やほうれい線改善に必要なハリとうるおいをもたらす美容成分を紹介しますね!

パルミチン酸レチノール
ビタミンA誘導体の1種です。
ターンオーバーの周期を整える働きがあります。
α-リポ酸
チオクト酸とも呼ばれます。
抗酸化作用、美白作用があるほか、コラーゲンの再生を促し肌に弾力をもたらす効果が確認されています。
サクシノイルアテロコラーゲン
不溶性のコラーゲンを酵素処理した上でコハク酸と化合させ、水に溶けやすくした成分です。
乾燥を防ぎ、肌にハリを与えます。
スーパーヒアルロン酸
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムとも呼ばれます。
通常のヒアルロン酸の2倍以上の保水力、角質内保湿力があります。
ナイアシンアミド
ニコチン酸アミドとも呼ばれる、水溶性のビタミンB3です。
肌の血行を良くし、肌あれを防ぐほか、シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。
トコフェロール
天然ビタミンEとも呼ばれます。
還元力が強く抗酸化作用があり、肌あれを防ぎます。
エイジングケア化粧品によく使われる成分です。
カルノシン
ペプチドの一種で、筋肉や神経組織に元から存在する成分です。
抗酸化作用によって肌あれを防ぐほか、筋肉の疲労を抑制し肌にハリをもたらします。

モイストリフトプリュスセラムを2週間使うとほうれい線が変わった!

それではいよいよ、私がモイストリフトプリュスセラムを2週間使ったときの写真をお見せします!
驚かないで下さいよ~!!(笑)

↓まずは、モイストリフトプリュスセラム使用前の写真です。↓

頬や口元にしまりがなく、小鼻のあたりにほうれい線が目立ちます。

今度は、モイストリフトプリュスセラムを使って2週間経過した頃の写真を見て下さい!

ね!スゴイですよね♪頬がふっくらとして、ほうれい線が目立たなくなりました!
肌にハリが出るだけでこんなに見た目に変化が出るんだ、と自分でもびっくりです。

まとめ

モイストリフトプリュスセラムはかなり即効性があるリフトアップ美容液だと思います。
DMAE自体が即効性のある美容成分として知られているので、そのおかげかもしれませんね。

もちろん美容マニアの私は、スキンケアと一緒に美顔器でのお手入れや表情筋を鍛えるエクササイズなども欠かしませんでしたが。

モイストリフトプリュスセラムは、ほうれい線対策をしたいと本気で考えている人にこそ使ってみてほしい美容液だと思います!