年齢を重ねるごとにお肌の悩みはどんどん増えていきますよね。

20代に多いのはニキビ・毛穴にまつわるトラブル、30代になるとシミ・そばかすや毛穴の開き、次に40代になるとそばかす・シミ・シワ・たるみとどんどん改善しにくい悩みが増えていくのがわかります。

そんな加齢によるあらゆるトラブルにおすすめなのが、見た目老化を防いでくれるモイストリフトプリュスセラムです。

この商品は速感性のハリ成分DMAEが配合された美容液で、シワ・たるみに対して高い効果が期待できるのですが、そばかす・シミに対しても効果が期待できるのか調査してみました。

モイストリフトプリュスセラムはそばかすやシミに効果あり?

そばかすやシミに効果のある成分と言えば、思い浮かぶのはアルブチンやトラネキサム酸などの美白作用のある成分です。

モイストリフトプリュスセラムにこういった美白成分は含まれているのでしょうか?
モイストリフトプリュスセラムの成分を調査してみました。

さまざまな成分が含まれているのですが、この中で美白効果の期待できる成分はナイアシンアミドになります。

ナイアシンアミドにはメラニン色素が肌の表面に出てくるのを抑えてくれる働きがあり、他にも新陳代謝を促進させることで、メラニンが色素沈着を起こすのを防いでくれます。

ですが、すでに出来てしまったそばかすやシミを消す力はそこまで強くはありません。
そのため公式サイトを確認してみても、モイストリフトプリュスセラムがシミ・そばかすに効果があるといった表記は見つけることができませんでした。

モイストリフトプリュスセラムでそばかすやシミに意味がない?

美白成分が含まれていないため、モイストリフトプリュスセラムはそばかすやシミに全く意味がないのか?と言えば実はそうではありません。

その理由の1つはメインで含まれているDMAEと呼ばれる成分です。

この成分は通常の水分よりも分子が小さくなっているため、角層の隙間に入りこみ、肌を土台から保湿してくれる働きがあります。
また高い抗酸化作用があり、メラニン発生の原因となる活性酸素を予防してくれます。

またそばかすやシミの大きな原因の1つに紫外線などの外的刺激があげられるのですが、肌の土台部分の隙間をなくして保湿することで、これらの外的刺激から肌を守ってくれる効果が期待できます。

つまりモイストリフトプリュスセラムには、そばかすやシミができにくい肌状態に導いてくれる効果が期待できるのです。

実際にモイストリフトプリュスセラムを使ってみた

実際にモイストリフトプリュスセラムを使ってみて、どの程度潤いがアップするのか調査してみました。

使用前の肌状態がこちら。
水分26%・油分49%。

少し寝不足で疲れていたこともありますが、水分がかなり少なく、油分が多い脂性肌状態になっていました。

この状態だと肌のバリア機能が損なわれ、紫外線や外的刺激などそばかすやシミの原因が入り放題の状態になってしまっています。

この状態の肌に毎日朝晩モイストリフトプリュスセラムを使用する生活をスタートしてみました。

乳液のような軽いテクスチャーの美容液で、触った感じはしっかり保湿!といった印象はありません。

どちらかというとサラサラしていて、さっぱりした美白美容液のような触り心地です。
香りはほとんどないため、メイクの前でも気軽に使うことができます。

使用ステップは化粧水と乳液の間になります。
肌をこすらないように優しくなじませるのがポイントです。

モイストリフトプリュスセラムを1ヶ月間試した状態がこちら。

見た目にそばかすやシミが薄くなった!と感じることはなかったのですが、肌のツヤ感と透明感が高まったため、メイクをすると光によってそばかすやシミが目立たなくなったように感じました。

気になる水分量がこちら。
水分45%・油分29%と以前の脂性肌状態から、普通肌状態まで一気に回復していました。

この状態の肌ならバリア機能も整いやすくなり、そばかすやシミの原因からしっかり肌を守ってくれそうです。

まとめ

モイストリフトプリュスセラムには、そばかすやシミを消してくれるような強い美白成分は含まれていません。

ですが、水分量を高めて肌を保湿してくれる作用が高いため、そばかすやシミの原因から肌を守ってくれることが期待できます。
しっかりそばかすやシミも予防したい人は、美白美容液の併用もおすすめですよ。

今なら初回限定お得な定期コースが申し込めるモイストリフトプリュスセラム。
定期コースといえど解約制限などはなく、いつでも休止・変更が可能なコースです。

年齢肌に多いシワ・たるみなどの悩みを解消しながら、そばかすやシミの出来にくい肌作りをスタートしてみましょう!