筋肉に働きかけ、ハリのない肌を内側からケアするという新発想のモイストリフトプリュスセラムは、広尾プライム皮膚科の監修によるドクターズコスメ。

株式会社ドクターソワの「アマランス」シリーズの中でも人気No.1,2を誇る大人気の美容液です。

30mlで10,000円というお高めの値段にも関わらず、長年人気を保っており、アットコスメのレビューでも平均5点と評価が高いです。

肌のたるみやしわ、ハリ不足が気になる30代以上の女性にとって強い味方となるモイストリフトプリュスセラム。
高価な商品なので、使用感や使い方など気になるところです。

実際に使ってみて、ほうれい線が見事に消えた40代主婦が使用して気づいた効果的な使い方を解説します!

モイストリフトプリュスセラムが届いた!パッケージの中身もご紹介

モイストリフトプリュスセラムのパッケージです。シンプルですが華やか。
ドクターソワの社長さんも、広尾プライム皮膚科の院長先生も、皆さんお美しい方ばかりなんです。

女性の美のために開発された商品だということがパッケージからも伝わります。

段ボール箱を開けると、おまけの試供品もたくさん入っていました!
ありがたいです。

モイストリフトプリュスセラムを使ってみた!スタッフおすすめの使い方をご紹介

さて、モイストリフトプリュスセラムはこのような乳白色の美容液です。
一回分3~4プッシュ。

手に取ってみます。

第一印象はとろっとしたおかゆのよう。
油分があまりなくて、肌になじむ感じです。刺激はありません。

ドクターズコスメの美容液なので、配合されている成分も安全かつ効果の高いものばかり。
敏感肌の人でも、安心して使えますね。

人肌に温めてから、ゆっくりと浸透させます。

ドクターソワさんから届いた荷物の中に、スタッフさん手書きの説明書が入っていましたのでご紹介します。

使い始める時に、左右どちらかに塗って効果を比べてみるのがおすすめだそうです。

たるみが気になる部分、ハリアップ効果がほしい場所にまんべんなく伸ばしていきます。

ここに書いてある通り、塗った後は少しぽかぽかします。

ほんとにひと塗りで変わるのかな・・と半信半疑でしたが、30分後に鏡を見てみると・・
確かにほうれい線が薄くなりました!

塗った個所がうるおい、やわらかくなり、少しあたたかくなります。
そして、ウエット感がなくなった頃、ハリが出ていました。

実際にこの通りに使用してみて、確かに即効性を実感することができました。

モイストリフトプリュスセラムでほうれい線が消えるのはなぜ?

モイストリフトプリュスセラムには、ハリアップに即効性のある成分DMAEが含まれています。

DMAE(酒石酸ジメチルエタノールアミド)は神経伝達物質アセチルコリンと同様の働きをして、筋肉が収縮する働きを活発にします。

若いころは筋肉の中のアセチルコリンが十分に足りていたので肌にハリがありますが、年と共にアセチルコリンが減少し、筋肉の収縮が弱まった結果がたるみやしわとなります。

美容外科で行われるアンチエイジング注射の「イデバエ」にもDMAEが含まれています。
しわやたるみに、即効性があり、かつ持続性があるのがDMAEの効き目の特長です。
イワシやサケなどの魚からも取れる安全な成分で、副作用が少ないことも知られています。

また、DMAEはサプリメントとしても売られています。体内の神経伝達物質アセチルコリンを増やし、脳の働きを良くするサプリとして海外では人気があります。記憶力や集中力を高める働きがあり、アルツハイマー予防に効果があるようです。

アメリカの医師でアンチエイジングのカリスマとして知られるペリコーン博士もDMAEの摂取(サプリメントとして)やDMAE配合の化粧品を推奨しています。

モイストリフトプリュスセラムを効果的に使うためには?

DMAEの効果ですばやくたるみを引き締めるモイストリフトプリュスセラム。
使い方の注意点をまとめてみました。

1.使うにつれて、肌の吸収が良くなる

使い始めは、すこしうるおいすぎるくらいのテクスチャーだったモイストリフトプリュスセラムですが、次第に肌が慣れてきます。
慣れるとだんだん、吸収力が良くなり、肌がもっと欲しがるようになります。

肌の水分バランスが落ち着いてふっくらとし、最初は即効性を感じていたハリアップ効果を安定的に感じることができるようになります。
最初は夜のお手入れにプラスし、慣れてきたら朝晩のお手入れで気になる箇所になじませるといいでしょう。

2.軽いほてりを感じたら、化粧水や乳液と混ぜながら使うのがおすすめ

これも使い始めて最初のうちですが、肌の体液循環を良くする効果があるため、軽いほてりを感じることがあります。
その場合は、少しずつ薄めながら使い、徐々に肌をならしていくと良いです。

3.なじませるだけで、マッサージ不要

ほうれい線や目の下のたるみには、強いマッサージは逆効果だと言われています。
しわやたるみはデリケートな皮膚の表面にできた細かい溝なので、外側から強い刺激を与えると、かえって溝が深くなってしまうこともあります。

その点、モイストリフトプリュスセラムでのケアは、優しくなじませるだけ。
不必要な刺激を与えません。
塗るだけで肌に必要なうるおいを与え、かつ表情筋をひきしめてくれる美容液です。

4.化粧するなら、肌へ十分浸透させた後にする

モイストリフトプリュスセラムには保湿効果の高いスーパーヒアルロン酸が配合されており、ごくまれに日焼け止めやファンデーションを塗り重ねたときにヒアルロン酸同士がまさつでくっつきぽろぽろと固まることがあります。

化粧するなら、肌に十分浸透させた後にしましょう。
保湿効果が高く、しばらくはしっとり感が続くので、早朝や夜など時間のある時に塗るのがおすすめです。

モイストリフトプリュスセラムの使い方まとめ

モイストリフトプリュスセラムを実際に使って、効果的な使い方を検証してみました。
何といっても驚きの即効性。そして続くアンチエイジング効果

洗顔後、化粧水を付けた後に、気になる箇所に数プッシュして優しくなじませるだけ。
次第に肌の吸収が良くなり、べたつきも感じなくなります。
ハリアップ効果がすぐにあらわれ、かつ持続します!

広尾プライム皮膚科監修のモイストリフトプリュスセラム。皮膚科でのたるみ治療後のホームケアとして使われているのも納得の効果です。

美容医療でも使われているDMAEがたっぷり配合された美容液、セルフケアにぜひ取り入れてみて下さいね。